鉄道模型の色々 

鉄道模型の話しが出る時に色々なタイプのゲージが紹介されていると思います。素人から聞くとどんな違いがあるのかわかりにくいと思いますが、鉄道マニアの人からするとこうしたシリーズやメーカーの違いだけでいくらでも語れるほど楽しいものです。よく聞く鉄道模型の種類としてOゲージというものがあるかもしれません。このOゲージとは一体何のことなのでしょうか。

OゲージOゲージというのは軌間32mm、縮尺1/43~1/48の規格のゲージのことをOゲージと呼んでいるのです。つまり鉄道模型という世界では色々な縮尺の物が存在しており、かなり小さなタイプから一般家庭に設置するにはかなり大きいサイズのものまで色々あるということです。またこうした縮尺の基準というものは国によっても微妙に違ってきますので、海外製品になると規格が合わないということも当然出てくるわけです。

そもそもこのOゲージというものは遡ること19世紀の初頭にドイツの鉄道模型のメーカーが取り入れたものでした。第二次世界大戦よりも前ではアメリカやヨーロッパでもかなり一般的だったようですが、だんだんとより小さいモデルのものが普及するようになったようです。鉄道模型にも流行り廃りというものがあり、同時に今現在一般的でなくても、コレクターにとっては非常に貴重なモデルなどもあるので、買取市場ではどのようなかかくの付け方になっているのか、売りたい鉄道模型がある方は調べてみることをおすすめいたします。


▼関連記事▼

  1. 鉄道模型のコンテスト
  2. Oゲージの買取